ヤマダ電機とコジマ電気の違いとは

ヤマダ電機とコジマ電気の違いと足跡


1980年代頃のはなしなんですが、ヤマダ電気(群馬)とコジマ電機(栃木)にケーズデンキ(茨城)の北関東3社「YKK」(ヤマダ、ヨドバシカメラ、コジマで「Y2K」とも呼ばれる)の店舗網拡張や値下げはしれつを極めた販売競争を繰り広げていたそうです。

そのあまりの販売競争のおかげで一時、公正取引委員会の場にまで広がってしまったそうです。

また、コジマ電機は完全な直営主義を貫く中、ヤマダ電機がフランチャイズ制を採用するするなどの戦略で対抗してきたそうです。


現在は山田電機に小島電気のどちらも、日本シェアを一位に出来る力のある会社なのですが・・・・・

同じような悩みを抱えています

その悩みとは、店を増やし過ぎたため、店員の数が足りない等、十分な商品知識のある店員がいなければ高い商品を顧客に買って貰うのが難しいという、残念ながらどちらのお店にも、商品知識が十分な店員さんが充足しているとは言えない状況の様です。


しかし家のリフォーム相談コーナーから、パソコン、プリンタ、デジタルカメラなど最近の情報・通信機器をふくめて、照明器具に洗濯機や冷蔵庫など生活家電に、エアコン、ファンヒーターといった季節家電、健康家電まで、ほぼ全メーカーの電気製品が揃っています。


もちろん、各種周辺機器、電池や記録メディアなども豊富に品揃られていて、ありとあらゆる電化製品を、特価価格で購入することが出来ます。


製品によっては、メーカー提供によるYAMADA限定モデルなどもあります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35932752
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。